海外一覧

ヨルク・インメンドルフ(Jörg Immendorff)の生涯。戦後ドイツを代表する画家の波乱万丈な人生とは? 

地下の薄汚れたバーのような場所、左側に見える鉤十字、壁に手を突っ込んだ人。絵全体から不穏な雰囲気を感じます。これはドイツの画家、ヨルク・インメンドルフが描いた「カフェ ドイツ(Cafe Deutschland)」。ケルンのルートビッヒ美術館でこの絵を見た時、その物語性と社会・政治風刺に惹かれ、自分なりに調べてみました。その作風だけでなく、2007年に亡くなるまでのインメンドルフ自身の生涯も波乱万丈です。