哲学一覧

ゼノンのパラドックス「アキレスと亀」「飛ぶ矢は飛ばない」とパルメニデスの思想

皆さんはゼノンのパラドックス「アキレスと亀」「飛ぶ矢は飛ばない」をご存知でしょうか。アキレスが亀に追いつけないのはなぜ?飛んでいる矢が飛ばないってどういうこと?古代ギリシアの哲学者ゼノンが立てたパラドックスですが、今現在も完全には論破されていません。今回はこのゼノンのパラドックス「アキレスと亀」「飛ぶ矢は飛ばない」について説明し、このパラドックスを生むきっかけになったパルメニデスの思想について簡単にまとめてみました。

南イタリア クセノパネス・ピタゴラス・ヘラクレイトス ソクラテス以前の哲学者たち2

今回はソクラテス以前の哲学者たち。南イタリアで活躍したクセノパネス、ピタゴラス、ヘラクレイトスについてまとめました。前回の記事でイオニア学派の3人が万物の根源を何か1つのもので説明しようとしました。時代が進んだ今回は、叙事詩や神話の世界から離れて、より哲学に近づいていく流れが読み取れます。

イオニア学派 タレス・アナクシマンドロス・アナクシメネス ソクラテス以前の哲学者たち

ソクラテス以前の哲学者たち、タレス・アナクシマンドロス・アナクシメネスの3人についてまとめてみました。この時代の哲学者たちは、直接その思想に触れることが非常に困難です。残っているのはそのテクストの一部分か、後の哲学者たちが引用した断片や伝記のみとなっています。今回はイオニア学派の3人が、それぞれ万物の根源は水・際限のないもの・空気と考えた思想の流れを書いていきたいと思います。

「哲学」ってそもそも何なの?わかりにくい理由とソクラテス的意味。

哲学ってそもそも何なの?わかりにくいというか掴めないというか…哲学がわかりにくいのには理由があるんじゃないかな。ということで、今回は哲学ってなに?というテーマを中心に、そのわかりにくさの理由と原語をたどったそもそもの哲学の意味について書きたいと思います。

ホッブズの社会契約論。その生涯とホッブズ哲学の新しさから迫る。

万人の万人に対する闘争で有名なホッブズ。彼は哲学史において、それまで西洋で当たり前とされてきた伝統を破った人物でした。今回はそのホッブズの生涯や新しい時代の思想、社会契約についてわかりやすく説明したいと思います。ということで、ホッブズさんよろしくお願いします。うむ。よろしく頼む。

ヘラクレイトスの生涯と思想。万物流転とは言ってない?牛糞にまみれて死亡はねつ造?

今回はヘラクレイトスの生涯と思想について簡単にお話ししたいと思います。ヘラクレイトスは、ソクラテスよりもさらに前の時代の哲学者。万物流転説が有名だったり、私生活では牛糞にまみれて亡くなったりというエピソードばかりが注目されてしまうのですが、それらは現在の研究では事実と異なるとされています。今回はそのような問題について言及しながら、とにかくわかりやすく!ヘラクレイトスの思想の根幹に迫っていきたいと思います。

開眼した盲人は視覚だけで物を識別できるのか?~モリヌークス問題におけるロック・ライプニッツ・バークリーの解答~

突然ですが問題です。触覚で立方体と球体を区別できる生まれつきの盲人が開眼したら、視覚のみでその2つの物体を区別できるでしょうか?実はこの問題、18世紀のイギリスやフランスでたくさんの賢いおじさんたちが議論した「モリヌークス問題」といわれる論争です。今回はこの「モリヌークス問題」について、イラストを交えて簡単に解説したいと思います。