【嵐峡めぐり】京都・嵐山の屋形船に乗ってきたよ。大堰川(桂川)を船頭さんが竿一本で案内してくれる嵐山通船の遊覧船。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

f:id:kannso:20180210203225p:plain
こんにちは。当為くま@kannso_tekiです。

京都・嵐山観光の際に屋形船に乗ってきました。

プランや乗り場へのアクセス、実際に乗ってみたレポートをまとめてみました。

当為 くま

少し寒かったけど、ゆったりとした時間を過ごせましたよ。

嵐山の屋形船プラン

嵐山通船には食事つき、貸し切り、乗り合い、貸しボートなど様々なプランがあります。

当為 くま

私は当日いきなり乗り場に行っても乗れる、乗合遊覧船に乗船しました。

時期によってもプランは異なるようなので、公式サイトでご確認ください。

詳しくはこちら>>>ご利用案内 | 嵐山の屋形船

嵐山通船の乗り場へのアクセス

嵐山通船の船乗り場は2か所あります。

私は北乗り場から乗りましたが、プランや時期によっても異なるようなので要確認です。

南乗り場

北乗り場

嵐山 屋形船のルート

乗合船では渡月橋付近の乗り場から大堰川上流に行き、また元の場所に戻ります。

所用時間は30分ほどです。

嵐山の乗合遊覧船に実際に行ってみたリポート。

北乗り場で受付

嵐山通船 乗り場

嵐山駅から渡月橋に向かって歩き、渡月橋手前で右に曲がり、川沿いを少し歩いたところに北乗り場はあります。

乗合船ならすぐに乗れるとのことで、お金を払って待ちます。

当為 くま

今回は大人1100円でした。

嵐山通船 乗り場

乗船

15分ほど待って、いざ乗船。

靴をしまうビニール袋を渡されるので、履き物は脱いで乗ります。

船の屋根部分が結構低いので、頭をぶつけないように注意。

お客さんのほとんどが外国人観光客でした。

当為 くま

いざ出航!

嵐山通船

手漕ぎのボートもあります。
嵐山通船

別の乗合船。

こんな感じで船頭さんが竿一本で案内してくれます。
嵐山通船

だんだん林の中に入って来ました。
嵐山通船

当為 くま

途中で屋台の船がきます!

おでんや甘酒、団子などを船の上で食べることができます。
嵐山通船

屋台の船が近づく様子。
嵐山通船

船頭さんが屋台の船のロープを持って、船と船が離れないようにしています。

当為 くま

紅葉も見られました。

嵐山通船

嵐山通船

渡月橋が見えてきました。

嵐山通船

これにて船旅は終了。

当為 くま

ちょっとというかかなり寒かったけど、景色は良かった。

最後に

30分間でしたが、ゆったりと景色を眺めることができて素敵な時間を過ごせました。

ただ秋~冬の川は想像以上に寒いので、防寒対策はしっかりすることをおすすめします。

arashiyama-yakatabune.com

最後まで閲覧して頂きありがとうございました。

www.kannso.com
www.kannso.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする