観想的生活

かんそうてきせいかつ

ただいまブログ改装中のため一部表示が崩れております。ご不便をおかけして申し訳ありません。

常設オープン!京都・嵐山のりらっくま茶房に行ってきたよ。

スポンサーリンク

f:id:kannso:20171202225321p:plain
こんにちは。当為くま@kannso_tekiです。

先日、京都・嵐山にある「りらっくま茶房」に行ってきました。

今回は「りらっくま茶房」に行った感想や行き方、混み具合などをレポートしたいと思います。

嵐山 りらっくま茶房って?

f:id:kannso:20171202203636p:plain

2017年10月28日に京都・嵐山にオーブンした常設のリラックマカフェ。

日本初となる「和×リラックマ」をテーマにした和カフェで、同じ建物の1階ではここでしか手に入らない限定グッズの販売も行っています。




嵐山 りらっくま茶房への行き方・アクセス

京都駅からお越しの方はJR山陰本線 嵯峨嵐山駅下車、徒歩9分。

京福電鉄 嵐山駅から徒歩1分。

阪急電鉄 嵐山駅から徒歩12分。

私は京福電鉄の嵐山駅から行きました。

駅を出て右へ進むと道の右側に現れます。

嵐山 りらっくま茶房の営業時間

f:id:kannso:20171201235626j:plain

12月11日~3月10日

レストラン

10:30~17:00
(ラストオーダーは、ランチ16:00、カフェ16:30)

テイクアウト

10:00~17:00

グッズショップ

10:00~17:30

3月11日~12月10日

レストラン10:30~17:30

(ラストオーダーは、ランチ16:30、カフェ17:00)

テイクアウト

10:00~17:30

グッズショップ

10:00~18:00

期間により営業時間が異なるのでやや注意!

嵐山 りらっくま茶房は当日店頭受付のみ。予約はできないので注意。

f:id:kannso:20171201235431j:plain

現在、嵐山 りらっくま茶房では、電話やインターネットによる予約を受け付けていません。
(2017年12月2日現在)

そのため、当日現地に行って、店頭で受付を済ませて入店をすることになります。

かなり混雑! 嵐山 りらっくま茶房の待ち時間

予約ができないとなると、気になるのは混雑具合。

私は平日の12時に店頭受付をして、すでに4時間待ち。

16時に入店できました。

Twitter等の情報を見ても、やはり2~4時間待ちという声が多いです。

絶対に入店したい方は、オープン時間に合わせて受付することをお勧めします。

受付から入店までの時間は長いですが、受付を済ませるとメールや電話、QRコードで入店までの時間をお知らせしてくれるシステムあり。

ゆったり嵐山観光ができます。




嵐山 りらっくま茶房レポート

リラックマさんたちがお出迎え!

入店時間になり、カフェのある2階へ。

すると、
f:id:kannso:20171201235612j:plain

大きなリラックマ、コリラックマ、キイロイトリがお出迎え!

い、いきなり可愛すぎる…!!

「お写真お撮りしましょうか?」と店員さんに声を掛けてもらい、ありがたくお言葉に甘えさせて頂きました。

各テーブルにも小さなリラックマ。

順番がきて、テーブルにつくと、

f:id:kannso:20171201235550j:plain

もちろんここにもリラックマ!

店内はそこまで広くないからか、

キャラクターカフェによくある、席に大きなリラックマがどーん!ではないのですが、

それでも十分すぎるほどの癒しです。

のれんや窓ガラスにもリラックマ!

ちょうど窓際の席でしたので、窓ガラスのリラックマが近くに。

f:id:kannso:20171201235541j:plain

扇子もくま印。

至るところにくまマークがあるの可愛すぎませんか…

メニューやおしぼり、ナプキンにもリラックマ!

f:id:kannso:20171201235605j:plain

もちろん全部リラックマです。

和コンセプトなので色合いは落ち着いていますが、それでもしっかり可愛い。

嵐山 りらっくま茶房のメニュー

おやつの時間でしたので、デザートメニューを頂きました。

ふわふわ雲の上のマシュマロセット~抹茶ラテ

f:id:kannso:20171201235446j:plain

マシュマロでできたリラックマが、雲の上にいるように浮いているドリンクのセット。

私は抹茶ラテを注文しましたが、カフェラテとロイヤルミルクティーも選択可能。

ロールケーキと白玉もキャラクターカフェの味クオリティを遥かに凌駕する満足のおいしさ。

しかしなんといっても、
f:id:kannso:20171201235439j:plain

か、かわいい…

このリラックマさんがなかなか溶けないので沈めようと試みたところ、首元にスプーンが刺さってギロチン状態になってしまったのは秘密。


自分で作れる コリラックマのふわふわはちみつロール 抹茶ラテセット

f:id:kannso:20171201235525j:plain

コリラックマの顔を自分で作れるロールケーキ。

はちみつをかけていただきます。

ドリンクセットで抹茶ラテを注文。

f:id:kannso:20171201235513j:plain

こんな竹ピンセットがついてくるので、

f:id:kannso:20171201235504j:plain

パーツをロールケーキにのせてコリラックマの顔を自分で作ります。

じゃーん!
f:id:kannso:20171201235456j:plain

どうして君はそんなに可愛いの…

ロールケーキ自体は甘すぎず、はちみつの甘さが際立つ一品。

こちらも味よし、見た目よし、つまり最高。


他にも可愛いメニューがたくさんあるので、気になる方はこちら>>>嵐山 リラックマ茶房公式サイト メニュー

裏庭にはリラックマ地蔵がいるのを忘れずに!

1階のグッズ売り場は左右に2フロアあり、その間の通路から裏庭に出ると、

f:id:kannso:20171201235423j:plainf:id:kannso:20171201235347j:plain

リラックマ地蔵がいるんです。

石になっても可愛いってどういうこと…

御影石のリラックマ

裏庭には御影石のリラックマもいます。
f:id:kannso:20171201235401j:plain

これはおそらく最近まで受注販売していたもの。

さすがに1人暮らしの女子大生、石は買いませんでしたが、

見るとほしくなる!こわい!助けて!(笑)

足元や建物にもくまマーク

f:id:kannso:20171201235355j:plainf:id:kannso:20171201235407j:plain

建物や地面にもリラックマがいます!

こういう細かいところまでこだわっているのを見るとわくわくします。

嵐山 りらっくま茶房グッズショップ

1階のグッズショップでは、オリジナルのお菓子や食品、伝統工芸品とのコラボグッズを中心に、多くのリラックマグッズを取り扱っています。

和柄タオル 小紋柄

私が購入したのはこれ。

f:id:kannso:20171201235314j:plain

りらっくま茶房の限定グッズです。

f:id:kannso:20171201235259j:plain

広げるとこんな感じ。

綿100%で実用性も可愛さもあり、お値段もお手頃な限定グッズなのでおすすめ。

ほかにも、お菓子・マヌカハニー・ドレッシング・ジャムからTシャツ・清水焼・西陣織まで様々なグッズを販売しています。

>>>嵐山 りらっくま茶房公式サイト グッズ




嵐山 りらっくま茶房 テイクアウト「Honey Stand」

りらっくま茶房では、テイクアウトも行っています。

リラックマのとろ~りはちみつカステラ饅頭カップ入り(4個) はちみつレモン味

f:id:kannso:20171201235332j:plainf:id:kannso:20171201235324j:plain

レモンがきいていて、甘すぎずおいしい。

ちなみにこのカステラ饅頭は、グッズショップでも箱包装して販売されています。

店員さん曰く、テイクアウトのカステラ饅頭は温めているため、冷めると少し硬くなってしまうそう。

すぐに食べたい!という方はテイクアウト、

時間が経っても美味しく食べたい方は箱包装のものをおすすめ。

テイクアウトメニューもかなり充実しています。>>>嵐山 りらっくま茶房公式サイト テイクアウト

最後に

f:id:kannso:20171201235341j:plain

混雑具合には驚きましたが、とにかく可愛くて癒される空間でした。

リラックマ好きの方はもちろん、京都を訪れた際にちょっと立ち寄るのもあり。

常設なのでまた行きたいスポットです。


ランキングに参加しています。タップで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ 
最後まで閲覧して頂きありがとうございました。