観想的生活

かんそうてきせいかつ

ただいまブログ改装中のため一部表示が崩れております。ご不便をおかけして申し訳ありません。

【試聴可能】ファン歴7年の女子大生が独断で選んだ尾崎豊の名曲

スポンサーリンク

f:id:kannso:20171108222559j:plain
こんにちは。当為くま@kannso_tekiです。

11月29日は尾崎豊さんの誕生日。

実は私、中学生の時から尾崎豊さんの音楽が大好きで、

高校に入ってからはいつも通学のバスの中で聴いていました。

「尾崎豊」というと「不良」や「10代」という印象があるかもしれませんが、

大人になってから聴いてこそ心に響くような、

生きることにとにかく必死だった彼だから作り歌えた名曲がたくさんあるんです。

今回はファン歴7年の私が、独断と偏見でセレクトした尾崎豊さんの名曲をご紹介します。

※ここからは敬称略で書かせていただきます。

「傷つけた人々へ」

傷つけた人々へ
尾崎 豊
1983/12/01 ¥250

傷つけた「君」への懺悔と感謝と、どうしようもない自分のことを歌った曲。

おそらく尾崎本人がモデルの、ちょっと駄目な男の子の脳内をそのまま表したような歌詞です。

でもまっすぐで真面目な「君」への思いも伝わってきます。

収録「十七歳の地図」など




「風にうたえば」

公式では未発表曲の1つで、この曲の発売については賛否両論あるのですが、

尾崎が作った曲であることは確かですのでご紹介。

街の人々の様子を語りつつ、迷いながら生きる道を探す、爽やか且つ深い一曲。

人生を旅と終わりなき歌に例えながら、ちょっぴり寂しさを感じる歌詞が尾崎らしいです。

収録 「風にうたえば」など


「LONELY ROSE」

LONELY ROSE
尾崎 豊
1990/11/15 ¥250

私が個人的に一番推している曲です。

好きな人を強く思う気持ちと感傷の胸の内を歌った尾崎らしいラブソング。

歌詞の中にでてくる雨の情景が曲の雰囲気にマッチしています。

尾崎の歌声が甘くて切ないラブソングにぴったりだと思います。

収録 「誕生」




「Teenage blue」

Teenage Blue
尾崎 豊
2013/09/11 ¥250

10代の心の叫びを吐き出すように歌った曲。

歌いだしの静かな寂しい雰囲気から、サビで思いが爆発するような歌い方に気持ちがのまれます。

収録 「回帰線」


「誰かのクラクション」

誰かのクラクション
尾崎 豊
2013/09/11 ¥250

「誰かのクラクション」は尾崎のラジオ番組のタイトルにもなっていたり、

同名の小説 も上梓していたりします。

都会の喧騒の中で、ありのままの愛を探す心の内を歌った曲。

街に鳴り響くクラクションを誰かの叫びと表現しているところも好きです。

収録 「壊れた扉から」




「Fire」

FIRE
尾崎 豊
2014/08/13 ¥250

尾崎といえばやはりノリのいいロックサウンドも欠かせません。

この世界の矛盾や不合理を訴えながら、

そんな中でも消えない愛を、燃え尽きぬ炎に例えた曲。

夜の街を走り抜ける爽快感がたまらない一曲です。

収録 「誕生」


「時」


尾崎 豊
2009/04/22 ¥250

「君」を回顧しながら、過去の自分と今の自分に思いを馳せる一曲。

時の流れに変わりゆくもの、変わらないものを、人間の性に語りながら歌っています。

サビのユニゾンで歌うところも綺麗です。

収録 「街路樹」




「太陽の破片」

太陽の破片
尾崎 豊
2009/04/25 ¥250

尾崎の最初で最後のテレビ出演となった「夜のヒットスタジオ」でも披露された一曲。

シングルとして過去最高の売り上げを記録しながらも、

当時所属していたレコード会社への反感から、

生前にアルバムに収録されることはありませんでした。

ただ愛を信じたいという気持ちを持ちながらも、一方で欲望に支配される自分に苦しむ様子が描かれています。

この世界の真理にも考えを巡らせるような奥深い曲です。

収録 「WEDNESDAY~LOVE SONG BEST OF YUTAKA OZAKI」


「きっと忘れない」

きっと忘れない
尾崎 豊
1990/11/15 ¥250

11月は尾崎豊の誕生月ということで、彼の唯一のバースデーソング。

バースデーソングといっても、底抜けに明るい曲というよりは、人が誰でも持っている悲しみに寄り添ってくれるような優しい曲です。

収録 「誕生」




「優しい陽射し」

優しい陽射し
尾崎 豊
2013/09/11 ¥250

生前最後に作られ、亡くなってから発売されたアルバム。

尾崎が10代の頃からのたうちまわって探してきた最終的な答えがこの曲に集約されています。

この時まだ26歳だったと思うと、本当に達観しているなと思います。

収録 「放熱への証」

最後に

独断セレクトのためかなり偏りがあるラインナップになってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

普段の生活の中で忘れている大事なことを、

思い出させてくれるような楽曲が他にもたくさんありますので、

ぜひ聴いてみてください。

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ 
最後まで閲覧して頂きありがとうございました。